スポンサーリンク                          

ADHDは別名、注意欠如・多動性障害といいます。
ADHDの略はAttention Deficit Hyperactivity Disorderの
頭文字からきています。
ではこのADHD(注意欠如・多動性障害)はどのような障害なのかを
説明していきたいと思います。

ADHDとは?ADHDの3つの主な特徴について知る

ADHDとは?特徴と診断について

ADHDには主に3つの特徴的な症状があります。
それは「多動性」「衝動性」「不注意
この3つです。
この3つが主な特徴だからといって全てが現れるとは限りません。
複数が同じくらい現れることや、1つだけが特化して現れることもあるのです。
ではこの多動性、衝動性、不注意の3点についてもう少し詳しく知りましょう。

 

多動性が強く出るADHDの特徴

  • 状況に関係なくとにかく動き回る
  • 喋ってはいけない場所でも喋り続ける
  • 気になることがあれば話にもよく割り込む

多動性の特徴としては、文字通り多動となり、常に動いていたり、
驚く程に活発であったりします。
もともと、子供はじっとしていられないのが大多数です。
すごく走り回ったり、おもちゃで遊んでいたと思いきや、突然に
絵本などに気がいってしまうのが一般的な子供の姿ではあるのです。

では、どういうところがあったら多動性なのか?という部分の話ですが、
自分の置かれた状況とは関係なく、ずっと動き回ったり、喋ってしまう
というのが大きな特徴といえるでしょう。
たとえ、それが親や先生にいけないよと注意されたとしても、
なかなか指示通りにじっとしていることやお喋りを自ら中断することは
困難だという特徴があります。

 

衝動性が強く出るADHDの特徴

  • 考える前に真っ先に行動してしまう
  • 優先的な順番の決定が困難
  • 思いついたことをすぐに話してしまう
  • 欲求が先にくるとルールを守るのが困難

衝動性が強いということは、一言でいうと、
自分の感情や欲求が全面に出てしまうため自制が困難ということです。
その時に思ったことで誰かに話したければ、場所や状況を選ばずに
すぐに喋ってしまったり、順番を待つより先に行きたいと思えば、
横入りしてしまったりもしてしまいます。

自分の感情や欲求の抑制が困難なため、嬉しいことがあったら
すごく喜びますし、苛立つことがあればその怒りも抑えることなく
大きく出てしまう。
喜怒哀楽が極端に表現される特徴もみられます。

 

不注意が強く出るADHDの特徴

  • 一定時間、一つのことに集中することが困難
  • 極端に集中が途切れる
  • 忘れ物をしたり物の紛失が多い

子供は大人に比べたら注意散漫です。
駐車場でも走り出そうとしてハラハラさせられたことだってほとんどの親は
経験があることでしょう。

元々子供が持ち合わせている不注意とは違った不注意というのは、
上記に記した通り、集中力が極端に欠ける、忘れっぽさが極端にある
といった違いがあげられます。

      スポンサーリンク                          

一般的には、何か物事に取り組んでいて、褒められたり叱られたり、
自分が良かったなと思うことや、失敗したなと思う経験をたくさん積むことによって
集中できる時間が伸びていったり、同じ失敗をしないように気をつけていくのです。
ADHDの不注意にはこの集中する持続時間の成長度合いに差があったり、
前回の経験を活かして同じ失敗をしないように次は気をつけるということが
極端に少ないため、何度も集中を切らせてしまったり、何度も物を無くしたりします。
例えば、自分の大切なおもちゃをその時は大切に机の上において記憶していても、
そのこと自体をうっかり忘れて思い出せなかったりしてしまいます。

 

 

ADHDの診断について

幼児や子供は特に、成長の度合いがそれぞれ個人差が大きいため、
大人と違って年齢や成長、生活環境によっても判断しにくいといえます。
診断が難しい幼児や子供のADHDの診断で1つ指標になるとすれば、
7歳未満の子供で、保育園や幼稚園や自宅など、2箇所以上の生活する場所で
半年以上前述した行動がみられた時にADHDと疑われる場合が多いです。

 

ADHD診断基準の参考

自閉症スペクトラム障害と同様に、
アメリカ精神医学会が定めた診断基準である、
DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Discorders)が
中心となり、世界保健機関(WHO)の定めた国際疾病分類(ICD-10)が
使われて診断にいたる場合もあります。

※自閉症スペクトラム障害と同様に、診断基準に当てはまるかどうかの診断が
簡単ではありません。すぐに診断名がつかない場合も多々あるということを念頭に置き、
何度も面接を受け、経過観察および医師への情報伝達の具体性が重要に
なってくるところです。

 

 

ADHDが起こる原因は?

はっきりいってADHDが起こる原因はまだわかっていません。
一説によると、脳の機能的な障害によるものではないかと言われています。
私たちはドーパミンという脳内で情報を伝達しあう物質があるのですが、
その量であったり、回路であったり、何かしらの異常があると言われています。
脳内の情報伝達物質の量もしくは回路異常によって、脳の多様な機能が
十分に働いていないのではないことから起こるのではないかという説が
濃厚な線として注目されています。

 

 

ADHDの特徴は明るく元気ということ

知的な遅れがないADHDを持つ子供は一件、一般的に見えることもあると
思います。それは人とのコミュニケーションの取り方などは自閉症スペクトラム
などに比べるとなんなくこなすからなのです。
なので、見ているととにかく明るく元気な子供という印象を受けることと思います。
前述した多動性や衝動性などといったことは、時に周囲の迷惑をかけるでしょう。
その時に、学校の先生などから指摘され、注意されてしまうことが多く、
自分の教育やしつけがなっていないからだと誤解してしまいがちです。
自閉症スペクトラム同様、ADHDもまた根性論や力づくで治るものではないという
ことを理解しましよう。
ADHDの子供に対して大事なことは、ADHDに対する理解が一番です。
理解した上で、子供の取り巻く環境に気を使って過ごしやすい環境を与えて
あげることが一番です。

ADHDは明るく元気という印象を持つタイプが多いです。
人なつっこい部分から周囲に可愛がられたりしますので、良い点を伸ばしてあげよう
という寛大な目で見守ってあげましょう。

      スポンサーリンク                          
おすすめの記事