スポンサーリンク                          

 

 

発達障害3分類

脳の一部の機能障害のため、年齢に対して個人差はありますが、それぞれ症状が出てくるのが発達障害です。

 

発達障害には大きく分けて3つの種類があり、この中にそれぞれアスペルガーだったり自閉症だったりが細かく分類されるという形となりますので順番に説明していきたいと思います。

 

そしてこの3種類の発達障害の中にそれぞれ細かく症状に応じて診断される名前がついています。

 

中には広汎性発達障害(PTD)のみの症状もある子供もいれば、重複して注意欠如多動性障害(ADHD)の症状も持ち合わせるなど、症状が1つと決まっていないことも珍しくないんですね。

 

一般的には世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)の分類というものに準じて発達障害は分類されることが多いため、当サイトでもこの基準に沿って説明していきます。

 

 

広汎性発達障害(PTD)の細分類

  • 自閉症
  • アスペルガー症候群
  • 特定不能の広汎性発達障害
  • 小児期崩壊性障害
  • レット障害

 

広汎性発達障害(PTD)とは、上記のように細分類された名前がついた障害の総称です。広汎性発達障害(PTD)とはこれら、自閉症アスペルガー特定不能小児期崩壊性レット等の症状を含んだものということです。

 

一般的にそれぞれの特徴は文字をクリックすることでそれぞれの特徴を別記事で説明しています。

      スポンサーリンク                          

 

 

注意欠如・多動性障害(ADHD)の細分類

 

  • 不注意優勢型
  • 多動性・衝動性優勢型
  • 混合型

注意欠如・多動性障害(ADHD)とは、上記のように細分類された名前がついた障害の総称です。注意欠如・多動性障害(ADHD)とはこれら、不注意優勢型多動性・衝動性優勢型混合型の症状を含んだものということです。

 

ADHDとは?特徴や診断について

 

一般的にそれぞれの特徴は文字をクリックすることでそれぞれの特徴を別記事で説明しています。

 

 

 

学習障害(LD)の細分類

  • 読字障害
  • 書字表出障害
  • 算数障害
  • 特定不能の学習障害

学習障害(LD)とは、上記のように細分類された名前がついた障害の総称です。学習障害(LD)とはこれら、読字障害書字表出障害算数障害特定不能の症状を含んだものということです。

 

LD(学習障害)とは?特徴や診断について

 

一般的にそれぞれの特徴は文字をクリックすることでそれぞれの特徴を別記事で説明しています。

 

 

まとめ

発達障害の種類についてまとめました。広汎性発達障害(PTD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)の3つの大分類の中には、それぞれの特徴にあわせた障害の名前がついています。

 

これら3つの分類はそれぞれの障害の総称ということなのです。それぞれの障害の特徴については別記事で説明していますのでご参照ください。

      スポンサーリンク                          
おすすめの記事