スポンサーリンク                          

LDは別名、学習障害といいます。
LDの略はLearning Disabilitiesの頭文字からとられています。
ではこの、LD(学習障害)はどのような特徴や症状があり、
診断方法、原因について説明したいと思います。

LD(学習障害)とは?教育的定義と医学的定義について

LD(学習障害)とは?特徴と診断について

医学的定義
  • 読む
  • 書く
  • 算数
教育的定義
  • 聞く
  • 話す
  • 推論する(見通しを立てる)

LD(学習障害)の特性に関しては上述のような医学的定義の中にある
読む」「書く」「算数」この3つに困難があることを指します。
さらに教育的定義というものがあり、教育的定義は医学的定義の3つの特徴も
含む、「聞く」「話す」「推論する」この3つも含め、どれかが困難な場合も
LD(学習障害)に該当するということになります。

※文部省が定める学習障害の定義

学習障害とは、基本的に全般的な知的発達に遅れはないが、
聞く、話す、読む、書く、計算する、または推論する能力のうち
特定のものの習得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を
指すものである。
学習障害はその原因として、中枢神経系になんらかの機能障害があると
推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、
環境的な要因が直接の原因となるものではない。

・学習障害に対する文部省定義から引用

 

 

読むことが困難なLD(学習障害)の特徴

主な特徴
  • 「か」と「が」のように、形が似た文字を読み間違える
  • 文章として読むことが困難で、1文字ずつ読む
  • 「じゅーす」などの小さい文字が入る言葉の発音が困難

読むということは、書いてある文字を音声に変える力
意味を理解する力の両方が備わっている必要があります。
一般的には「りんごじゅーすをのむ」と書いてあれば、
「林檎味のジュース」と「飲む」を分けて理解しながら
言葉にすることができますが、読むことが苦手なLD(学習障害)の場合は、
それぞれの単語の意味を捉えることが困難であるため、意味が理解しにくく、
さらに「じゅ」などの拗音の発音の困難があるタイプの子供がいます。

 

書く事が困難なLD(学習障害)の特徴

主な特徴
  • 「か」と「が」のような形の似た文字を書き間違える
  • 左右が反転した鏡で見たような文字を書く
  • 句読点の位置がおかしかったり、書き忘れる
  • 文字のバランスや大きさが極端に違う
  • 作文作成が困難

書くということは、考えたものを文字に変える力と、
単語が入った文章を意味のある文章にする力の両方が
備わっている必要があります。
文字や文章を書く時は、
文字にする情報を考える→脳が書くという指令を出す→
文字や文章が書ける

この流れで文章や文字を書く事ができるのですが、
この一連の流れのどこかに障害があると書く事が困難となります。
ほかに、反転した文字(例:「く」という文字→>)を書いてしまったり、
形の似ている文字を間違って書いてしまう、空間把握が困難な場合には
文字の形やバランスが極端に違ったりしてしまうのです。
句読点などを使わなければいけない、長文の文字や文章を作る
作文などでは特に一般的に苦労する傾向があります。

 

計算が困難なLD(学習障害)の特徴

主な特徴
  • 繰り上がりなど書かなければ計算が難しいレベルの算数が困難
  • 「+-×÷」などの記号が入ると計算が困難
  • 図形などのイメージが必要な分野の想像が困難

一桁台の計算はできるけど、+のような特殊な記号が入るとその意味を
理解することが難かったり、繰り上がりなどがある計算をすることに困難
生じる場合もあります。
例えば789×789のような計算であると、繰り上がりなどが発生しまうことと、
特殊な「かける」という行為である「×」の記号が混合しているため、
不得意であったりします。
様々なタイプがいるため、計算は大丈夫だけど、
算数の問題で出てくる図形のイメージをしなければ解けない問題について
困難を感じる子供もいます。

      スポンサーリンク                          

 

聞くことが困難なLD(学習障害)の特徴

主な特徴
  • 他の音にも気がいき、話に集中できず理解できない
  • 聞いた単語からその意味を推測することが困難
  • 聞き間違いや聞き逃しが多い

聞くということは、聞くために集中する力と、聞いた情報を記憶する力
聞いた情報の意味を理解する力が備わっている必要があります。
先生の話を聞いていたとすると、周りにお喋りをしている友達がいれば、
本来聞きたいはずの先生の話と一緒に周りのお喋りも聞いてしまう
ということがあります。
さらに、聞いている最中に集中できず、聞き間違いや聞き逃しが極端
多いという特徴があります。

日本語には同じフレーズの言葉がけっこうありますが、
例えば「餅」と「持ちながら」では文章でみると分かりやすいですが、
言葉で聞いた時には同じ「もち」という言葉が先頭に入ってくるため、
聞いた言葉が同じ単語だと意味を理解することが困難な場合があります。

 

話すことが困難なLD(学習障害)の特徴

主な特徴
  • 意味は理解しているけど、話して表現することが困難
  • 話の道筋を立てるのが苦手なため、分かりにくい
  • 相手が話したことはよく理解できている

話すということは、相手に伝える力と、話したいことの道筋を立てる力
が備わっている必要があります。
相手が話してきたことは理解できる場合が多いのですが、
こちらから何かを伝えようとする時に、順序だてて話すことが困難
あったりします。
相手も一生懸命聞いてくれたりしても、道筋が通っていない話で理解
されにくいことが一般的よりも多くみられる傾向があります。

 

推論することが困難なLD(学習障害)の特徴

主な特徴
  • 見えている情報から予想される見えていない部分の想像が困難
  • 記憶することはできても、意味の理解が困難
  • 図形や角度の問題などの他の情報からの答えの推測が困難

推論するということは、
実際に見えていない部分を見えている部分から想像していく力や、
聞いたことや学んだことから次の展開を予想する力のことをいいます。
例えば、「1、2、?、4、5」となっていれば「?」に入る数字は「3である」と
いうことが予測できますがこのように見えている情報から答えを導き出すことや、
法則性などから答えを予測することが困難な場合が該当します。

 

 

LD(学習障害)の診断について

自閉症スペクトラム障害と同様に、子供の様子や学校での様子などの
情報が診断の鍵となります。
自閉症スペクトラム障害と大きく違う点といえば、LD(学習障害)に関しては
学習するという部分で大きく個人差がでるため、
年齢を重ね難しい学習をするほどはっきりしてくるといった診断の特徴があります。
前述の医学的定義と教育的定義の考え方があるため、診断も若干複雑になってきます。
そのため、自閉症スペクトラム障害と同様に、
何度も面接を受け、経過観察および医師への情報伝達の具体性
重要になってくるのです。

LD(学習障害)の診断基準の参考

LD(学習障害)は学習するという行為で判明するため、
幼児の頃にはなかなか気がつかなかったりします。
小学校など明らかに学習するという年齢に達した時に段々と分かってきます
診断基準は自閉症スペクトラムと同様に、アメリカ精神医学会の診断基準である
DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Discorders)や
世界保健機関(WHO)の定めた国際疾病分類(ICD-10)で診断が行われます。

 

 

LD(学習障害)が起こる原因は?

これもまた自閉症スペクトラム障害同様、はっきり明確な答えは出ていません。
上述の文部省の定義からすると、中枢神経系になんらかの機能障害がある
といわれています。
つまり、脳内にある部分的な障害か、部分的な障害はないけれど、
伝達の回路に異常があるのではないかといわれています。

 

 

LD(学習障害)は努力が足りないせいではない

作文を書く事が苦手、図形の問題が苦手・・・
といったことはLD(学習障害)であるとするならば、
一見してみると、他の部分は一般的にできていることから、
不得意分野だけで努力が足りないだけだ」と見られがちですが、
本人の努力不足が原因ではないのです。
現に、努力すればできるのに努力しないために出来ないということは
私達自身もたくさん経験があるため、つい置き換えがちになってしまいます。

LD(学習障害)の場合は脳の機能障害が根本にあるため、
私達が考えるよりもずっとその問題は本人にとって困難なことなのです。
一般的にコミュニケーションなどはしっかりとれるタイプの子供もたくさんいます。
不得意なことを間違えても叱らずに、一緒に考えてあげたり
こちら側から伝える手段を工夫して変えてみることが重要となってきます。

      スポンサーリンク                          
おすすめの記事